岡山でこだわりの木造住宅は、本来「木」の性質を活かした家づくりです。

スタッフのブログ

本日より2日間、平家ガレージハウスの完成見学会開催!!

昨日は、岡山でもすごい雨が降りましたね。みるみる空が曇って来て、前が見えないくらいのドシャ降りの雨で、運転中の方は怖かっただろうな…と思います。

さて、今日は倉敷市亀山で平家ガレージハウスの完成見学会がスタートします。

 

お施主様から〝車を降りて家に入るまで雨に濡れないガレージハウス〟で明るいLDKと使い勝手の良い洗面脱衣室がほしい…というご要望があり、ご夫婦のこだわりをいっぱい詰め込んだ平家のガレージハウスが完成しました。

 

 

リビングの一部は、折り上げ天井と構造梁をあらわにしてアクセントに!!

床材には、濃淡が美しいアカシアを使用し、室内はとても落ち着いた雰囲気です。

 

キッチンは、グラフテクトのスタイリッシュなキッチンで、とってもオシャレな空間!

そのキッチン横には、一段上がったタタミコーナーを配し、長時間座っても足が痛くならないよう配慮したカウンターも必見です。

8月6(土)・7(日)の2日間、11:00~17:00までは、オープン制で予約不要で、ご覧いただけます。17:00~20:00までは、予約制で開催させていただきます。

ご予約は、こちらから

コダワリの平屋ガレージハウスをご覧になってみませんか?

 

本日も blog 訪問ありがとうございます。by スタッフH

本日より2日間、平家ガレージハウスの完成見学会開催!! はコメントを受け付けていません|2022年8月6日

新物件!東平島・注文住宅用地

 

建物を解体し測量が終わり、各70坪超えの2区画にて売出中です。

交通量の少ない南道路で、周りは田・畑が広がり見通しが良く、

近くに小学校や、病院、スーパーがあり、飲食店なども多いです。

バイパスや山陽ICへの交通アクセスも良好でお勧めです。

詳細はこちらまで。  営業W

新物件!東平島・注文住宅用地 はコメントを受け付けていません|2022年8月2日

庇いる?いらない?

先日、当社が売り出しました茶屋町の中古住宅を片付けていて

カーテンを綺麗にしていたら、カーテンを下げるランナーが

ボロボロ落ちました。全部の窓かと思い、すべて入れ替えようと

作業しました。切妻屋根で軒や庇のある窓は大丈夫でしたが、

東には庇も無いので直接日光が当たるからでしょうか、カーテンを

引くだけでボロボロ壊れます。日本建築は軒を深くしたり庇を付けて

夏は日差しが入りにくいよう、冬は暖かな日差しが入り込むように

している住宅がほとんどでしたが、軒の出が無かったり庇の無い家が

流行ですね。型が大切なのか?家そのものを大切にするか?

意見は分かれると思います。当社では軒の無い所には全て庇をつけるように

するのが標準ですが、シャープな家を言われるお客様が多く庇無しが

増えているのが現状です。皆様はどう思われますか。

↑元の状態

↑日差しでモロくなってパキッと簡単に壊れます

板谷 昌志

庇いる?いらない? はコメントを受け付けていません|2022年8月1日

今日は茶屋町の中古住宅でオープンハウス開催

夏本番!!そんな暑さが続いていますが、今日は、倉敷市茶屋町でオープンハウスの開催です。

敷地は何と約100坪あり、建物も52坪ある4LDK+2Sのゆったりした住まいです。

道路は南6m道路なので日当たりもGOODです!

 

1階は、18帖のLDKに広縁のある8帖の和室と4.5帖の洋室があり、2階は、17帖の洋室と7.5帖の洋室!そして適材適所に収納も確保されていて、室内も大変キレイです!茶屋町周辺で、マイホームをお考えの方…ご家族でご覧になってみませんか?

 

 

周辺環境は、JR「茶屋町駅」 徒歩6分、ダイレックス茶屋町店 徒歩4分と、とっても便利です。

 

ご予約不要で、明日17:00まで開催させていただきますので、お気軽にお立ち寄りください。

本日もblog 訪問ありがとうございます。 by スタッフH

今日は茶屋町の中古住宅でオープンハウス開催 はコメントを受け付けていません|2022年7月30日

嬉しいお言葉

先日、外壁塗装リフォーム工事を終えたM様ご夫妻より嬉しい

お葉書を頂きました。

一見、築約18年とは思えないほど綺麗にご使用いただいてましたが

よ~く見ると所々コーキング(目地)が切れていました。

外壁材の寿命は環境にもよりますが10~15年が一般的です。

遅くとも築20年以内に外壁再塗装・コーキング打替えのリフォームを

お勧めします。新築同様、綺麗な外観によみがえりますよ!!

そしてまた1つ、嬉しいお声を頂きました。

この5月にお引渡しを終えた岡山市北区/O様邸。

約2ヶ月間、新居で過ごされたリアルなお声です!!

14時頃までエアコン要らずはすごいですよね・・・✨

木の城の住まいの断熱性の良さを体感したい方は

いつでもご連絡下さい❕

Kaji.✐

嬉しいお言葉 はコメントを受け付けていません|2022年7月29日

今日から藤原光町の見学会スタート!

昨日、藤原光町のモデルハウスの見学会の準備に行ったのですが、出る前には通り雨のような雨が、ザーっとすごい勢いで降ったかと思うと、一瞬で上がり、藤原光町を出る頃にまたパラパラと降り出し、原尾島の辺りでは、道路に水たまりができていました。

そのあと東区へ向かったのですが、途中用水から水を引っ張って田んぼ用に貯めている貯水池?のようなところから歩道に水が溢れていました。中区からの移動中、空が真っ黒になっている所があったので、この辺りでもザーっと降ったのでしょうか?長雨がずっと続くのも怖いですが、短時間ですごい量の雨が降るのも怖いですね。

さて、またまた、前置きが長くなりましたが、今日から、藤原光町のモデルハウスで見学会が始まります。

 

吹き抜けのあるリビングは、天井が無垢の羽目板仕上げで、とっても爽やかな空間です。

 

 

2階のフリースペースは、勾配天井の低い部分をお洋服を掛けたり、畳んでしまえるよう収納棚を設けました。お部屋としても使用できる10.5帖の空間は、使い方も自由自在なワクワクするようなスペースです。

 

1・2階のトイレも棟梁手づくりの造作があり、雑貨を飾ったり、トイレ用品をしまったりできるようにしています。

あったらいいな…の造作が点在する藤原光町モデルハウス…是非、会場でご覧になってみて下さい。

本日、12:00から見学会スタートです!!

本日もblog 訪問ありがとうございます。by スタッフH

 

今日から藤原光町の見学会スタート! はコメントを受け付けていません|2022年7月23日

藤原光町モデルハウス

今週末から見学会を開催予定の藤原光町のモデルハウスは、猛暑の中、S棟梁が大奮闘中です。

雨が良く降るので、草も勢いを増していて、棟梁自ら自宅から熊手持参で、草を取ってくれていました。裏側の草を撤去して、その後ラウンドアップを撒きましたが、新しく生えてくる草を抑制する6か月持続タイプのものが出ていたので、迷わずそれを買って撒きましたが、この時期、草むしりをしてもすぐ生えてくるので、新しく生えてくる草を抑制するっていうのが何とも魅力的ですね♡

さて、前置きが長くなりましたが、モデルの室内にも棟梁の優しい配慮が溢れていました。

 

写真では、ちょっとわかりづらいかもしれませんが、キッチンの背面に棚板を2枚設置しているのですが、その板が何とスクエアーカットと表現したら良いのでしょうか?面積が広い面取りと言ったらいいのでしょうか?…「そのままよりも、この方が見た感じがキレイじゃろ?」と加工して下さっていました。

木の城の棟梁たちは、お客様の使い勝手や見た目など、様々なことを考えて、ひと手間かけた仕事をして下さいます。本当に嬉しいことで、頭が下がります。

木の城の家には、お客様それぞれのあったらいいな…を叶える造作があります。

キッチンと繋がる大きなダイニングテーブルだったり、お子様も大喜びのロフトベッドだったり、奥様がデザインされた変わった形のニッチだったり…ひとつ一つ棟梁の手仕事でカタチにしていきます。

棟梁の愛情のこもった手仕事を現場で是非ご覧いただければ幸いです。

本日もblog 訪問ありがとうございます。by スタッフH

 

藤原光町モデルハウス はコメントを受け付けていません|2022年7月21日

西富井モデル

6/4に上棟を行った西富井モデルでは、外壁工事が先週から始まって、今はやりのコンクリート風のグレーのサイディングがだんだんとお披露目されてきています♪まだ足場があり分かりづらいのですが、また足場が取れたらアップしますね。

室内は、猛暑の中N棟梁が頑張ってくれています。階段下の有効活用で、階段下に1Fトイレがありますが、狭い空間でも狭く感じないように、収納の取っ手をつけない工夫をしてくれており、当社の棟梁の気遣いには本当に感謝です!

 

事務 K

 

西富井モデル はコメントを受け付けていません|2022年7月21日

プロフェッショナルな棟梁たち

今までもご紹介していますが、棟梁たちの確かな技術、細やかな気配りに頭が下がります。

当社の家づくりは骨組はもちろん、天井や床、造作などあらゆる所で木を使います。

木は一本一本、一枚一枚同じ物がなく、色や硬さ、木目の方向、収縮したり反る性質など

あらゆることを考慮して施工する必要があります。

何気なく施工しているようにみえがちですが、実はいろんなことを判断しています。

木の特性だけでなく、納まりや使い勝手、デザインなども考慮しています。

手間を惜しまず、常にプロフェッショナルな仕事をされる棟梁たちに感謝です。 営業W

プロフェッショナルな棟梁たち はコメントを受け付けていません|2022年7月19日

本を読みましょう

そういう私も国語はどうでも良い感じで学校の授業を受けていました。

毎日使っているのだからと、読書なんて全くと言っていい位していませんでした。

社会に出て、月一冊、何か役に立つ本を読んで感想文を書かされました。

まさに仕方なく読んでいました。

木の城に入っても同じように月一冊、そして感想文も提出という決まりがありました。

出したり、出さなかったり、不真面目な社員でした。

木鶏会をするようになり、致知は勿論、致知以外の本も読むようになりました。

アナログなので、本から得る事がいっぱいあります。

たまたま今月の致知の本に数学者の藤原正彦先生の記事が書かれていました。

小学校からの英語にも否定的な考えを示されています。

人間らしい、日本人らしい情緒を忘れている日本人が多すぎるとも書かれていました。

たまたま先月の山陽新聞の滴一滴に、読書をしないので本屋さんが20年で半分ほどに減った。直木賞作家の今村翔吾さんが47都道府県の町の書店など巡って活字文化を盛り上げている。という記事が掲載されていました。

70才を前にして、やっとそんな事を考えるなんて遅いと言われるでしょうが、知っただけでも有難いと思います。

当社に入社できたからこそ、こんな事を考えれるようになりました。

有難い事です。

営業:板谷

本を読みましょう はコメントを受け付けていません|2022年7月19日